文通の新しいカタチ、Letter Village

  • 2016.07.05 Tuesday
  • こんばんは

     

    みなさんは文通、したことありますか?

    記憶が確かなら、1990年代後半までは普通に存在していた気がする文通。

    会ったこともない人や、遠い国の人などと手紙をやり取りしたりなんかする、文通。

    何それ、知らない。という世代の方向けにちょっと振り返ってみますとね…

     

    10代から20代のころ、私にも文通相手がいました。

    アメリカ、ドイツ、ニュージーランド、ガーナ、エクアドル、ラトビア、そして日本の津々浦々。

    今は外国の様子をネットでリアルタイムで知ることができるし、SNSやメールですぐにやり取りもできます。

    当時は時間をかけてやって来る封筒の中に、知らない世界が詰まっていたのです。

    ポストを覗く瞬間、同封してある写真、異国の匂いのする紙、流行っている音楽をカセットに録音したもの…

    知らない土地の、知らない暮らしにドキドキしたものです。

    世代も性別も様々な、もしかしたら一生会うことはないかも知れない人とやり取りする手紙には、不思議な魅力があったのです。

     

    相手はどうやって見つけていたかというと…

    一、文通クラブなるものに入って紹介してもらう。

    二、雑誌に掲載された文通相手募集コーナーで発見。(あったんです、そういうコーナーが。)

    三、旅行に行く人に自分のプロフィールと住所を託す。

    とこんな感じ。

     

    こんな風に、それはそれはアナログに、探していたのですよ。

    いつの頃からか、世の中の個人情報の扱いに対する考えが変化し、知らない人とやり取りする機会はぐんと減ったどころかほぼなくなりました。

     

    ううむ。

    それではなんだか味気ない。

     

    そんななか、Letter Villageという、新しいカタチの文通コミュニティがスタートしていました。

    KUROYAGIZAの手紙用品を会員様へのプレゼントにと、お声をかけて頂いたご縁でこの活動を知ることになりましたので、ご紹介します。

     

    どうやって相手を見つけるかって、まずはこちらのLetter Villageさんのサイトをご覧下さいませ。

    http://www.lettervillage.net

     

     

    個人情報を明かさずに、探せるんです。

    ほほう!と思わず膝を打つ、ナイスな仕組み…

     

    会報でKUROYAGIZAのことを愛を込めてご紹介頂きました。事務局のTさん、ありがとうございます。

    http://www.lettervillage.net/cn15/cn30/pg130.html

     

    日常に豊かな時間と非日常を生む文通、また身近なものになれば良いなと!

     

    ではまた

     

     


New Jewelry 展

  • 2010.12.02 Thursday

  • glass jewelry work ヤスマチカさんから素敵なDMが届きました。
    今週の土日、目黒のCLASKAにて開催されるNew Jewelry 展。
    27組のジュエリー作家&デザイナーさんたちによるジュエリーの展示販売会とのことです。
    出展作家さんのお名前を見ただけでわくわくします。

    ヤスマチカさんの作るジュエリーは透明感と繊細さが素敵です。
    ご自身もそんな作品そのままの空気をふんわりまとった方。
    作っているものとその人の雰囲気が一致する人、素敵だと思います。


    会期 : 12月4日(土)11:00-20:00 / 5日(日)11:00-19:00



| 1/1PAGES |